ロイカトーン

タイランド

タイのお祭りといえば、4月の水かけ祭り(ソンクラン)と11月に行われる灯篭流し(ロイクラトン)です。

水の祭典とも呼ばれています。

「ロイクラトン」とは、灯籠(クラトン)を川に流す(ロイ)という意味です。

タイの人々の間で古くから続いていた風習のようです。

河川の水位がもっとも高い旧暦12月(現在の10月または11月)の満月の夜に人々が川岸に集まり、川の女神“プラ・メー・コンカー”へ感謝の気持ちを捧げます。

バナナの皮で作った灯篭を川や海に流したり、コムローイという熱気球を飛ばしたりします。(北部の都市チェンマイでは、この熱気球イベントで有名)

ということでバンセンビーチと呼ばれる近くの海に行って一通り流しておきました。

ちなみにパタヤやシラチャでも行われています。

水かけ祭りとは対称的で、わりと落ち着いてます。どうやら最近ではカップルのイベントとなっているようです。