憲法改正と緊急事態条項

日常のこと

5月3日は憲法記念日の祝日である。ゴールデンウィークに埋もれて存在感があまりないような気もする。
そもそも憲法って何なのか?学校で軽く習う程度でほとんどの国民は詳しい内容など知らないはずである。
あえて知っているものとすれば9条くらいだろう。これも昔から自衛隊は違憲か?といったことが議論されているのだが、自衛権は国連憲章で認められてる当たり前のことなのだから、呼び方はどうあれ自衛隊のようなものは在って然るべきなので違憲もくそもないし、改憲する必要性もない。むしろ緊急事態条項の隠れ蓑にされている可能性もある。

緊急事態条項、その目的は国民の虐殺と資産課税にあり、ワクチン強制程度の話ではない。

これは陰謀論でも何でもなく、現実に大戦中から戦後に起こったことそのものであり、ただ単に歴史がまた繰り返されようとしているのである。ますはこんな危険なことを行おうとしている政党に投票しないことから始めなければならない。そのためには国民一人一人が自ら情報を取りにいき自らの頭で考える必要がある。

どの政党に投票すればいいのか?
このように自民党がやってきたことが国益になっていなかったことがはっきりとわかる。むしろ危険に陥れるような法律をワイドショーの芸能人スキャンダルネタの裏で通している。では、どの党に投票するのがいいのか?そもそも政治家がテレビや新聞、SNS、国会答弁ですら全て票稼ぎのパフォーマンスであるから見てはけない。ではどうすればいいのか。答えは簡単、その政党の真の顔がわかるのが、賛否リストである。つまり自民党の通そうとしている悪法に賛成したか反対したかを採決名簿をみて見極めればよい。
例えば水道を外資に売ろうとしているのはどこか以下でわかる。
https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/197/197-1205-v001.htm