タイの電気料金

タイランド

タイは後進国であるから基本的に生活費は日本と比較すると安価である。
生活必需品はおおむね3~4割くらいの感覚である。
例えばローカルの昼食は60バーツ位で済むから日本円で200円くらいだ。
所得水準からすると大体そのくらいなのであろう。
逆に日本よりタイのほうが高い物もあるが、例えば車は日本よりも1~2割高い。
現地生産されているにも関わらず日本より高いというのはよくわからないが、そんな高額な車でも平気でローン組んで買ってしまうのがタイ人なのである。
維持費が安めなことと中古車もまた高値で取引されているので、毎月の返済さえできれば何とかなるのかもしれない。
自動車はさておき、生活するとなると気になるのが電気水道料金であろう。
そこで今回は実際にかかった電気料金を紹介する。
まずは条件として下記となる。

  • 単身者用コンドミニアム(30平米)
  • 平日日中は仕事で不在
  • 平日夜と土日はエアコン常時使用(28度設定)
  • 平日夜と土日はテレビ常時使用
  • 洗濯を週2回
  • 入浴毎日
  • 冷蔵庫あり
  • 電気コンロをお湯をわかす程度に毎日使用

一般的な単身駐在者の使用状況と思われる。
そして以下が実際の請求書である。

約1000バーツで電気料金は結構高い部類になる。
このためローカルはエアコンを使わず扇風機でしのいでいる者が多い。
ちなみに水道はかなり安く、上記の生活でも1か月あたり200バーツ程度である。