サムイ島に行ってみる

タイランド

タイで最も有名なリゾートと言えばプーケットなわけですが、次いで人気のあるところがサムイ島でしょうか。


島全体にココナッツの木が生い茂っていることから、ココナッツアイランドとも言われています。

タイで3番目に大きい島ということです。バンコクから空路で80分程。

サムイ島はプーケットと半島を挟んで反対側のタイランド湾に位置しており、沖合にあるパンガン島というのがさらにリゾート地のようです。

満月の夜に行われるフルムーンパーティが有名だそう。

さらに北にあるタオ島はジンベイザメに会えるスポットとして世界中のダイバーに知られているらしいです。
ともかく上質なビーチリゾートが味わえるということで早速飛んでみます。

適当にソンテウに乗ってビーチに移動します。

しかしながら、あまり感動はない。天気が曇っているのもあってか写真うつりも悪い。

まぁこんなものかということでホテルへ向かいます。
今回宿泊したのは、The Sarann Hotel

こちらは広くてきれいでなかなか良い。Jacuzzi Villaタイプの部屋にしたのでバスタブが半露天風呂になっているところもいいです。

プールはビーチを臨めるインフィニットタイプだが、いかんせえんビーチがいまいちといったところ。

周辺は落ち着いたビーチのようなので、ホテルのレストランで夕食です。

海の綺麗さで言うとそこまでではないのだが、パタヤのような物売りがいないことと、派手なナイトスポットがなく落ち着いているというところに魅力がありそうです。

プーケットもそうなのだが、本島だけではだめで、やはり離島に行くべきなのでしょう。
それと空港が独特なつくりをしていて、ジャングルの中の平屋といったところでしょうか。こちらもなかなかに魅力的でした。