タイにきた自動販売機

タイランド

最近はタイでも自動販売機を見かけることが増えた。とうてい日本のそれとは比較にならないほど少ないのではあるが、それでも10年前に比べるとショッピングモールなどによく設置されるようになった。


そんなタイの自動販売機であるが、先日ふと見つけた自動販売機に違和感を覚えた。

よく観察してみると、ところどころに日本のおなじみのものなのである。販売中のライト、おつり返却と硬貨の単位表記、10B札の背後にみえる「つめたい」のラベル。これはつまり日本の中古品であることを示している。
そこで調べてみたところ、自動販売機の中古品を海外向けに整備(変圧器と通貨機の交換など)して輸出する事業があるようである。


ちなみに一般的な飲料用自販機の相場は新品で90万円くらい、中古で30万円くらいからあるようである。
タイでもさらに自動販売機が普及してくれるとありがたい。アパート内に設置してもらえると何かと便利そうであるし、コンドやホテル向けのリース事業なんてのもありかもしれない。